株式会社愛和セレモニー
八王子本社
〒193-0835
東京都八王子市千人町4-2-23
大丸ビル1F
TEL.042-666-1199
FAX.042-666-1121
定休日 :なし 24時間年中無休
 
三鷹本社
〒 181-0012
東京都三鷹市上連雀6-1-10
TEL:0422-72-9966
FAX:0422-72-9967
定休日 :なし 24時間年中無休
――――――――――――――
葬祭業
 

10、弔辞同義語一覧

   
   

10、弔辞同義語一覧

 

● 弔辞・慣用語句

 

           ■御訃音に接し、ただ呆然自失し…
■忽然として逝去されました
■浄土に旅立たれ…
■御凶報を受け取り…
■生あるものは必滅することとはいえ…
■幽明境を異にし…
■君よ安らかに眠れ
■御霊よ静かなれと祈る
■この間、君と楽しく語り合ったのに、もはや今日は君の棺の前に立っている
■痛恨の情を禁じ得ません
■哀惜の情はますます深く…
■ご冥福を祈る
■今なお眼の前に浮かびます
■願わくは在天の霊、安らかにあれ
■幽界に去られ
■浄国に旅立った
■御霊よ安らかなれと祈る
■切にご冥福をお祈りします
■仏となり霊山浄上からわれわれをお守りください
■どうぞ安らかに眠られんことを
■残された私たちにできることは
■尽くし得ないお別れの言葉といたします
■心安らかに眠りたまえ
■死生、余ありとはいえ、よわいいまだ不惑に達しない君が
■暑ささにつけ寒さにつけ、君と机を並べてともに学んだ
■これから大いに修業を積んで、他日大いに為すことあろうとするときにあたって
■しかるに今、突如として病魔の侵すところとなり
■非運としかいいようのない運命のいたずらにより
■一命をとりとめたと安堵したのもつかの間
■二度と同様の惨害を蒙らないよう十分善処する覚悟でいます
■海を愛した○○君にとって、海こそ墳墓と自ら慰め
■職務に忠実、責任感もきわめて旺盛
■願わくは英魂、ほうふつとして来たり授けよ
■一時は小康を得、間もなく全快との朗報が聞けると
■いまここで、あなたのご遺影の前に、お別れのことばを述べなけれはならないことになろうとは、まったく思いもかけず
■あなたの温容を再びみることができず、そのお声を再び聞くことができなくなりてしまいました
■故人の心残りを推察するにつけ、新たな涙を禁じ得ない
■あなたの真摯な生涯は、いまこの悲しみの中にあってさえ、われわれの衿りとするものであります
■私は友人として、どう君の冥福を祈ればいいのか、そのことばを知らない
■君の霊前で、君の果すことができなかった可能性を、ぼくたちが入たしてゆくことを約束する
■いまなお眼前に彷彿して…
■尽くしえないお別れのことばとします
■天寿を全うされた巨星
■まさに巨星墜つといいましょうか
■今、永遠の別れに臨み
■本日、こうしてあなたの御遺影の前で
■生者必滅とは申せ
■まことに惜別の情は堪えないところであります
■白玉桜中の人となる
 
 
●驚きと悲しみのことば
 
           ■涙をこらえて眼を閉じていますと、あのお元気な顔がありありと浮かび、あのやさしいお声がさわやかに響いてきます
■胸は張り裂けるようでございます
■私にとってこの上もない打撃で、痛嘆せずにはおられません
■胸中、察するにあまりあり
■慎んで哀悼の意を表します
■慎んでご霊前に申し上げます
■胸ふさがれる思い
■哀惜の念断ちがたく
■悲嘆やみがたく
■茫然自失
■にわかには信じられず
■悲しみの淵をさまよう
■かねてご病気とは承っておりましたが
■それほどの大病とは夢にも考えず
■ご永眠のお知らせに接し
■入院中とはいえ、意外の急変で
■~のときは、にこやかに笑顔で話されていましたのに
■このたびは不慮のご災難で
■~日を待っておりましたのに
■あんなにお元気で、毎日を過ごしていらしゃったのに
■突然のご逝去とは驚きいり
■この悲しみの気持ち、筆舌に尽くしがたく
■再び帰らぬ死出の旅に、まさか君が行くなんて
■あまりにも突然だった
■思わざる○○により、卒然として逝去された君
■これが果して夢ならば、早くさめてくれないかと
 
 
●功績をたたえることば
 
      ■惜しみなく尽力されました
■いつまでも燦然と輝くでしょう
■その死によっても消えるはずもありません
■逝かれたことは座標を失ったようで
■いまも私たちの心の中に生きています
■先生の名はとこしえに輝くでしょう
■○○の歴史に特筆すべき功労者
■緻密な思考力と鋭敏な判断力で衆を抜き
■難事も敏速正確に処理し
■推進者として功績は多大である
■常にトップであった
■未知の可能性を秘めていた
■○○の重責を立派に果し
■君の遺業はこの世に続く
 
 
●故人を惜しむことば
 
             ■心に深く○○氏の永眠を深く哀惜し、それによって失うものきわめて大なるを痛感いたしております
■にわかに、この巨星を失ったことは、業界の損失としてこれに過ぎるものはなく、衷心痛惜にたえません
■私たちの失ったものは甚大で、どのような言葉をもってしても償うことはできません
■切々たる思い出別れを惜しみ、深く深く感謝の首をたれるばかりです
■卒然として故人となられたことは、惜しみてもあまりあることでございます
■○○の見地から損失は大きく、衷心から哀惜しております
■暗夜に灯を失った思い
■愁嘆この上もありません
■痛恨事であり、いま霊前に涙をあらたにするのであります
■○○さんのお人柄を頼みに思う人がどれほど多かったことか
■あなたのかかげられた火は、私達が必ずや受け継ぎ
■新たに涙を禁じえない
■今後のご活躍に多大な期待をよせていた矢先
 
 
●慰めのことば
 
           

■暗夜に灯を失った思い
■このたびのご不幸、まことにご愁傷のこととぞんじ
■ご看病のかいなく、まことに残念
■さぞご無念のことと存じます
■まことに残念
■なんという星のめぐり合わせでございましょう。おかわいそうでなりません
■ご遺族には慰めのことばもございません。なにとぞ、ご自愛下さいまして、○○君の霊を安らかならしめるよう、ご奮起のほどお祈り申し上げるほかございません

qrcode.png
http://www.sogi-aiwa.com/
モバイルサイトにアクセス!
009039
<<株式会社愛和セレモニー>> 〒193-0835 東京都八王子市千人町4-2-23大丸ビル1F TEL:042-666-1199 FAX:042-666-1121